日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

従来方法は古い 糖尿病と診断されたら受けるべき最新検査

「残念ながら糖尿病です」
 主治医にそう告げられたら、あなたはどうするだろうか? 血糖値をコントロールするための薬を飲み始める? 食事制限をする?あるいは運動を始める? むろん、これらも必要なことだが、まずやるべきことは、死に至る合併症から身を守る、最新検査だ!

 佐藤直子さん(仮名、74歳)が糖尿病と診断されたのは5年前。以降、腎臓の検査や目の検査などと共に胸部・腹部のCT検査、脳のMRI検査、心臓CTなど、少しお金のかかる検査を定期的に受けるよう心がけているという。糖尿病専門医で佐藤さんの主治医でもある、AGE牧田クリニックの牧田善二院長が言う。

「糖尿病の男性は10年、女性は13年も短命です。それだけ、糖尿病は命に関わる病気なのです」

 糖尿病というと、手足の壊死(えし)につながる神経障害、失明につながる網膜症、腎症といった3大合併障害が有名だ。しかし、いずれも薬や手術技術の進歩により、血糖値に関係なく、治る道筋が開かれつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事