日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レントゲン異常なし その腰痛は内臓疾患が原因だ

 腰痛持ちは結構多いが、それは年齢や一時的な疲れのせいばかりだろうか? 実は痛みの原因が骨や筋肉以外のところにあるケースは少なくない。痛みの専門家に詳しく話を聞いた。

「腰の痛みを訴えて来る患者さんの中には、内臓系疾患が原因の方が少なからずいます。整形外科などを受診して、レントゲンを撮っても異常がないと言われたような人は、まずこれを疑ってかかりますね」

 こう言うのは、東京・豊島区のペインクリニック内科「寺田クリニック」の寺田壮冶院長だ。

「原因が内臓からくるものかどうかは、血液検査やMRIなどですぐ分かります。ただし、厄介なのは骨や筋肉からくる痛みと、内臓系疾患の痛みの感じ方が似ているということ。どちらも、ドーン、ドーンと体に響くような痛みで、区別がつきにくい。ですので、原因が分からないまま、とりあえず湿布を貼ってごまかしているという人がけっこう多いんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事