日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

片頭痛の放置が招く 「脳過敏症候群」危険度チェックリスト

 日本では840万人が「片頭痛持ち」だといわれている。適切な対処をせずに放置していると、深刻な状態になりかねない。

 片頭痛は〈脳の興奮〉によって起こる。脳が外的な刺激に敏感に反応し、脳の血管が広がって血管の周囲にある三叉(さんさ)神経が刺激され、激しい痛みを発症する。

 たかが頭痛ぐらい……などと甘く考えて鎮痛薬でごまかしたり、痛みを我慢してやり過ごす行為を続けていると、〈脳の興奮〉がどんどん蓄積され、さらに深刻な症状を招く。頭痛治療の第一人者で、東京女子医大脳神経外科客員教授の清水俊彦氏は言う。

「興奮状態を放置したままにしておくと、脳はちょっとした刺激でも興奮しやすくなり、ささいなことで頭の痛みを感じるようになります。年をとると、脳が興奮しても加齢による動脈硬化で血管が広がりづらくなるため、痛み自体は感じなくなってきます。しかし、脳の興奮状態は鎮まらないまま慢性化し、〈脳過敏症候群〉に移行する危険があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事