日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脳をクールダウンさせる深呼吸 空気の流れを感じるのがコツ

 怒りは心臓に負担をかけ、長引けば、がんの発症も促す毒性の高い感情です。でも、ストレス過多の現代、聖人君子じゃない限り怒りはどうしても湧いてきます。

 大切なのは「怒ってはダメ」と無理に抑圧するより、「怒りは感じてもいいから速やかに手放そう」と切り替えること。その方が現実的です。

 怒りを手放すためには、まず怒りにのみ込まれるのを防ぐことが重要です。怒りは強烈な感情のため、カーッとなってのみ込まれてしまうと思わぬ失言や失態につながります。そのダメージを挽回するのは至難のワザです。

 最近の若者には怒鳴られただけでうつになる場合もあるので、パワハラ上司と認定されるリスクも大。そんな悪循環にハマると、怒りは容易に手放せなくなります。

 まず、怒りを感じたら大きく深呼吸しましょう。この深呼吸には、ちょっとしたコツがあります。息を鼻孔からゆっくりと吸い込んで、鼻の奥から気道を通って肺へと空気がスーッと流れていくのを「感じる」ことを心がけてください。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事