日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一生腕が上がらないことも 甘く見ると怖い「五十肩」

 五十肩は、肩の痛みに加え、腕の動きが悪くなる疾患だ。「たかが五十肩」と甘く見ていると、腕が一生上がらなくなることも。「予約は4カ月待ち」という東京女子医科大学東医療センター整形外科・神戸克明准教授に五十肩の最新治療を聞いた。

 肩を触ると突起がある。「肩峰」という箇所で、50歳以上になるとほとんどの人の肩峰の裏側に骨のトゲができ、肩の筋肉と骨をつなぐ「腱板(けんばん)」に傷をつくる。

■ヒアルロン酸の役割

 それでも肩の動きを滑らかにする油のようなもの(ヒアルロン酸)が十分にあれば傷は治るが、加齢や体質、持病などで油が少ないと、傷は治らない。傷が大きくなって炎症が肩に広がり、肩関節周囲炎を起こす。

「炎症が慢性化すると、痛みで肩を動かしづらくなります。それが五十肩。さらに放置すると、肩の関節が癒着して拘縮肩と呼ばれる状態になります。全身麻酔で完全に痛みを取っても腕が肩の高さまで上がらない。痛くて肩を動かせないのではなく、構造的に動かせなくなってしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事