日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

がんの男女差 「咽頭」「食道」「肝臓」などは男が圧倒的に多い

 男女平等の世の中ですが、病気によっては意外と大きな格差があります。その代表が、がんです。たとえば総患者数で、男性の胃がんは女性と比べて2倍も多くいます。それだけでなく肺がん1.8倍、肝臓がん2.1倍、食道がん3.8倍。咽頭がんにいたっては、なんと10倍も男性患者が多いのです。

 ところが、がん全体で見ると格差は1.2倍。がん患者という大きなくくりで見れば、男女差はさほど開いていません。その理由は女性特有のがんにあります。子宮がん、卵巣がん、乳がんなどです。また甲状腺がんも女性に多いがんです。

 膵臓がん、メラノーマ(皮膚がん)、脳腫瘍などは、男女差がほとんど見られません。
 ちなみに白血病は、映画や小説などの影響からか、若い女性がかかりやすいイメージがあります。しかし実際には男性患者のほうが少し多くなっています。とくに10代から20代の白血病は男のほうがかかりやすい傾向にあるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事