日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏井睦氏が語る「炭水化物が人類を滅ぼす」の根拠

穀物はあらゆる現代病のもとになる

 世の中、健康本があふれているが、衝撃的だったのが「炭水化物が人類を滅ぼす」(光文社新書)だ。20万部を超えるベストセラーになっただけでなく、「TVタックル」で取り上げられるなど、大きな話題となった。本当に炭水化物は人類を滅ぼすのか。話題の著者の夏井睦氏(練馬光が丘病院 傷の治療センター長)にとことん聞いた。

――なぜ炭水化物がいけないのですか。

 炭水化物は食品の中で最も血糖を上げます。その血糖は高い方が危険です。血液に入ると体は、インスリンを出して中性脂肪に変えて肝臓や皮下脂肪にためます。これが脂肪肝であり肥満です。血糖を下げる手段は炭水化物の制限しかないのです。炭水化物を摂取しなければ、余計な脂肪は付かないということです。

――でも、人類は穀物で飢えを満たしてきたわけですよね。先生はそれが間違いだったと?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事