震災前年と直後にも…「皆既月食」は大地震の前兆なのか

公開日:  更新日:

 15日の夜を皮切りに米国では今後1年間で4度の皆既月食が観測できる。次回の10月は日本でも見られるし、今回の月食も、東日本、北日本なら部分月食が観測できる。

 皆既月食は月と太陽、地球が一直線になる現象だ。月が赤銅色に見えるのも特徴である。しかし、心配なのは地震との関係で、武蔵野学院大特任教授・島村英紀氏(地震学)も「月と太陽の引力が地震を引き起こすことは、昔から学会などで指摘されています。特に月の引力の作用は大きい」と指摘していた。

 3・11前後の10年12月21日と11年6月16日は皆既月食だった。しかも、前年の2010年は日本で1月1日、6月26日、12月21日の3度も月食が観測され、注目されていたのだ。

「過去を調べると、月食の前後に大きな地震が起きていることが多い。ただ、日本で月食が見られたから日本で地震が起きているわけではありません。逆に日本で見られる機会は少ないとしても、米国で連続する皆既月食は日本と無関係とも言えないのです」(北陸地震雲予知研究観測所の上出孝之氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る