日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

虫さされと思ったら…そのブツブツは「帯状疱疹」の恐れあり

 虫刺されと思っていたブツブツは、帯状疱疹かもしれない。対処を誤ると、後遺症に長く悩まされることもある。東京慈恵会医科大学皮膚科学講座・松尾光馬講師に話を聞いた。

 帯状疱疹は、水ぼうそうを発症したことがある人なら、だれでも可能性のある病気だ。
「水ぼうそうが治っても、その原因の水痘帯状疱疹ウイルスは神経細胞の集合体である神経節に潜伏し続けます。そして、加齢や何らかの疾患、薬剤などで体の免疫力が低下した時に、帯状疱疹として出てくるのです」

 典型的な帯状疱疹は、まず痛みが出る。ピリピリと刺すような、皮膚の奥がズキンとするような痛みだ。だいたい1週間以内に赤いポツポツとした発疹が現れ、2~3日すると水ぶくれになる。症状が出てくる場所は、目の上、胸、お腹が多く、体のどちらか片側だ。

「痛みが軽かったり、あるいは全くなかったりすると、発疹だけを見て虫刺されやかぶれなどと間違える患者さんも多い。さらに、発疹の出てくる前の痛み(前駆痛)の時に皮膚科に来ても、発疹が出なければ帯状疱疹かどうか判別できません。痛みだけだと、片頭痛、肋間痛などほかの原因も考えられるからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事