日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジワ~リ効く「温断食」で肥満&生活習慣病リスクを軽減

 体を温め適度な断食を取り入れるだけで、老化や生活習慣病を防ぐ方法がある―。この「温断食」を提唱するのは、イシハラクリニックの石原結實院長だ。手軽に実践できるのなら、健康が気になる中年族には朗報となる。効果と実践のコツを聞いた。

 「老化や体調不良の主な原因は、体の冷えと食べ過ぎ。体を温めながら適度な断食を行う《温断食》を実践すれば、血流や代謝機能、免疫力が高まり、老化や肥満や心筋梗塞などのリスクを軽減できます」

■男性機能の向上も

 断食は、過剰なエネルギー摂取を抑えるだけではなく、体温を上げ老廃物の排出を助ける効果もある。また、血流が活発化することで、男性機能の向上にもつながるという。

「私は30年間、断食道場を主宰しています。参加者の体温を測定してみると、断食中は体温が通常より0.3~0.5度高くなる。断食中以外にも体を温めれば、相乗効果が期待できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事