元ホワイトカラー退職シニア 意外にもベンチャーで需要増

公開日: 更新日:

 もちろん、今さらフルタイム勤務はきついという人が多い。実際、「労働政策研究・研修機構」の調査でも、65~69歳の男性でフルタイム勤務を希望する人は25%ほど。約5割はパートで働きたいと考えている。

「当社では、フルタイムの正社員ばかりを想定していません。業務委託契約で、月5万円~の収入で考えています。年金収入があり、営業、経理、法務などの経験者が、余った時間を若い人の手助けに使いたいというだけの理由でもいい」(前出のシニアモード広報)

 自分から条件を提示し、週に2、3日の働き方も可能。相手先企業と仕事内容に合意したら、契約すればいい。もちろん、仲介手数料は無料だ。

 少子化で人材不足は顕著。単純労働はちょっと……という元ホワイトカラーも、社会貢献で一肌脱ぎたいなら一考だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  5. 5

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  8. 8

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る