日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気ユーチューバー伊藤元亮さんが明かす「動画で稼ぐコツ」

 世界最大の動画投稿サイト「ユーチューブ」に自分で撮影した動画をアップし、広告収入を得ている通称「ユーチューバー」と呼ばれる人々がいる。正式にはユーチューブパートナーといい、投稿映像で広告収入を受け取る“契約”を結んでいる。

「現在、ユーチューブパートナーは世界中に100万人ほどいます」(ユーチューブ広報担当者)

 ユーチューブに投稿される動画は、全世界で1分間に100時間分に及ぶ。のぞいてみると、猫が戯れている映像や家族旅行の思い出、料理作り、深夜のバラエティー番組の録画等々、作品ともいえないような“映像の断片”が無数に散らばっている。ネット音痴でも一度や二度は見た人がいるはずだ。

■「妄想グルメ」は総再生数1億1711万回

 日本での人気動画ジャンルは「料理」「商品紹介」「家族モノ」など。たとえば、視聴登録者数130万人を誇る「HikakinTV」は、テレビゲームの模様を実況中継するだけ。同27万人の「レオンチャンネル」は、仮面ライダーや戦隊モノのオマケの玩具を、いい大人がうれしそうに紹介する映像が延々続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事