• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

博士号ナシでOK 「社会人教授」を実現するライフスタイル

 サラリーマン時代に積んだキャリアを生かして、定年前後に大学教授に転身──。
 こんな夢を抱く人々は少なくない。博士号ナシでも論文を書いてなくても教員になれる、いわゆる“社会人教授”だ。NHK記者から売れっ子キャスターへ、そして東工大の教授に転身を遂げた池上彰氏などは、その典型だろう。

 大学数の増加とともに社会人教授の数は増えており、我々サラリーマンにもチャンスはある。何から準備するのがベストかというと──。

「社会人教授になるために何より大事な資質は、知的な“好奇心”だ」と言うのは、今月初めに「サラリーマンのための大学教授の資格」(VNC)を上梓した千葉商科大学教授の松野弘氏だ。

 松野氏は電通、パイオニアを経て、43歳で大学教員生活を始めた社会人教授のひとり。名誉のために付け加えておくが「博士」号も持っている。その先達が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る