日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「水分摂取療法」でメニエール病のめまいは95%改善する

 男性2~2.5リットル、女性1.5~2リットルの水分を毎日飲むことで、メニエール病の症状が改善するという。122人を対象にした調査では、めまいを1回も起こさなくなった人は95%にのぼった。
 この治療法の名前は「水分摂取療法」。北里大学医学部・新世紀医療開発センター・先端医療開発部門・神経耳科学、長沼英明准教授が2000年から始めた。

「メニエール病は内耳に水が過剰にたまって起こる病気です。そのため、<メニエール病患者は水分の摂取を抑えた方がいい>ということが常識でした。しかし、これに基づく治療を行っても、患者の症状はよくならない。そこで、メニエール病の発症メカニズムを解明する目的で本学医学部の河原克雅教授との共同研究を始めたのです」

 そんな時、「抗利尿ホルモンの分泌が過剰になると、内耳に水がたまる内リンパ水腫を引き起こす」という研究結果が発表された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の健康記事