日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歯科医・看護師・薬剤師も専門が細分化

 厚生労働省は2002年、医学系の各学会が独自に認定していた専門医資格を、病院などの広告等に使っていいという通達を出しました。専門医という民間資格に、事実上、国のお墨付きが与えられたことになります。と同時に、専門医資格が経済価値を帯びるようになったのです。

 その結果、それまでは専門医にまったく無関心だった学会も、次々に新しい専門医制度を立ち上げ始め、今日では約90種類の専門医が乱立しています。また多くの医師が専門医資格を取得するようになり、現在では延べ約30万人が、いずれかの専門医を取得しています。実は日本の医師数も約30万人です。単純に言って、すべての医師が、何らかの専門医資格を持っている計算になります。

 それだけではありません。歯科の専門医制度も認められています。小児歯科専門医、歯周病専門医、口腔外科専門医など、現在では約10種類が存在します。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事