日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男のいさかいは日常茶飯事 老人ホームはトラブルの巣窟だ

 福島市仁井田の養護老人ホーム「福島恵風園」で16日、入所者の佐藤佐内さん(71)が布団の上で血だらけで倒れているのが見つかった。
 通報を受けた福島署に殺人容疑で逮捕されたのは、同園入所者で無職の川崎周容疑者(66)。現場には血の付いた消火器があり、川崎も血だらけで座り込んでいたという。何らかのトラブルにより、川崎容疑者は消火器で佐藤さんの頭を殴ったとみられている。

 老人同士のトラブルといえば、昨年7月にも老人ホーム入所者の75歳の男が殺人未遂で捕まっている。82歳の女性との交際のもつれが原因だった。

■きっかけはささいなこと

 全国介護者支援協議会の上原喜光理事長が言う。
「男女間のトラブルは報道が増え、施設側も配慮するようになったことで減少しています。ただ、男性入所者同士のいさかいは日常茶飯事。男性は上下関係をつけたがるし、高齢になるほど感情むき出しで歯止めが利かなくなる。<言葉遣いが鼻につく><上から目線が気に入らない>など、ささいなことから大ゲンカになるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事