日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

手続き煩雑、トラブル続出…どうする?「墓じまい」

 子どもがいない。いても嫁いでしまった。そんな事情で、先祖代々の墓を撤去する「墓じまい」する人が増えている。少子高齢化で、墓じまいする人は、この先、確実に増える。どうすればいいのか。

 千葉市にある「やすらか庵」は、墓の撤去から散骨までのサービスを行っている。代表を務める僧侶の清野勉氏が言う。
「11年前に事業を始めたときは散骨のみのサービスだったのですが、5年ほど前から、先祖の遺骨を散骨して、墓を閉じたいという要望が増え始めました。そんな要望にこたえるため、昨年10月から墓の撤去、取り出した遺骨の供養、散骨までを自前で行うサービスを始めたところ、30件以上の依頼がありました」

「墓じまい」は、墓地埋葬法の「改葬」にのっとって行う。「改葬」は、“墓の引っ越し”だが、制定された昭和23年には「墓じまい」の考え方がなかったため、「墓じまい」でも「改葬」という手続きを取る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事