日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

70代でガタがくる 40代で始める「健康寿命」延ばし方

 日本人が健康に生きられるのは70代前半まで――。
 こんな調査結果が発表された。厚労省が行っている「健康寿命」調査で、男性は71.19歳、女性は74.21歳だった。「介護の必要がなく健康的に生活できる期間」という報道もあったため、ギョッとさせられた人もいるだろう。

 日本人の平均寿命は男性が80.21歳、女性が86.61歳。この数字から健康寿命を差し引いたら、男性は9年間、女性は12年、介護が必要という計算になる。本当か。厚労省に問い合わせたところ、こんな答えだった。

「介護だけでなく、日常生活に制限があると感じている人の年齢を表す数字です。たとえば薬を飲むのを制限と感じる人もいる。そうした人たちの平均年齢なのです」(健康増進課)

 要するに、「介護を受けている」「歩行に杖が必要」「内臓に病気を抱えている」など、何かしら健康への悪影響を感じている人の年齢なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事