日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

痛くも痒くもないのに気になる 「危ないしこり」の見定め方

 風呂で体を洗っていたら、二の腕にコリコリした「しこり」ができていることに気が付いた。痛くもかゆくもないが、なんとなく気持ちが悪い。放っておいても大丈夫なのか。

 しこりは「軟部腫瘍」と呼ばれ、体の軟部(内臓、骨、皮膚を除いた部分)のあらゆる場所にできる。大きさは米粒程度から30センチを超えるものまでさまざま。成分も脂肪、筋肉、神経など多岐にわたり、「良性」と「悪性」がある。

 慶応大学医学部専任講師の森岡秀夫医師(整形外科)は言う。

「しこりの多くは、自然発生的にできます。一部の特殊な病気によって遺伝する場合や、体質が関係するケースもありますが、なぜできるのか理由ははっきりわかっていません。食生活なども関係ないといわれています」

 しこりはいつでも誰にでもできる可能性があるのだが、そのほとんどは「良性」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事