日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

市販薬も効かないしつこい“かゆみ”には「重大病」が潜む

 皮膚がやたらとかゆい。見た目には異常はなく、市販のかゆみ止めを塗っても飲んでもまったく効かない。どうしてしまったのか。

 順天堂大学大学院環境医学研究所長で、かゆみの最新研究を行っている髙森建二教授(同大学浦安病院皮膚科)によると、謎のかゆみは重大病のサインになるという。

 かゆみを引き起こす主な原因は、肥満細胞から分泌される「ヒスタミン」という惹起物質だ。これが皮膚中にあるかゆみを感じる神経に結合することでかゆくなる。代表的な病気にじんましんがあり、見た目も赤く腫れるなどの異変が起こるが、抗ヒスタミン薬を飲めばほとんどが治まる。

 しかし、それでも治らないかゆみがある。

「これを〈難治性のかゆみ〉と呼んでいます。主に皮膚の乾燥によって生じますが、保湿剤をいくら塗ってもまったく効かない場合は重大病を疑わなくてはなりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事