2月は“生活防衛”関連目白押し お得な「株主優待」23銘柄

公開日:  更新日:

 2月はサラリーマンの生活防衛に役立つ株主優待がテンコ盛りだ。2月決算を採用している企業には、小売りや外食など身近な会社が多く、「株主優待が集中する3月より、2月のほうがお得感が高い」(証券関係者)という。

 ランチに使えそうな外食店も目白押しだ。「長崎ちゃんぽん」で知られるリンガーハット、牛丼チェーンの吉野家、ほか弁の「ほっともっと」や、定食「やよい軒」を展開するプレナス、ラーメン「日高屋」のハイデイ日高など“ビジネスマン御用達”が目立っている(別表参照)。

「12日は一時、日経平均が2カ月ぶりに1万8000円台を回復しました。ギリシャ危機やウクライナ問題など悪材料もあるので、この先、上げ下げはあるでしょうが、3月末には1万8500円まで上昇する可能性があります。2月中に株主優待が確定する銘柄を仕込んでおいて損はないと思います」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る