• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2月は“生活防衛”関連目白押し お得な「株主優待」23銘柄

 2月はサラリーマンの生活防衛に役立つ株主優待がテンコ盛りだ。2月決算を採用している企業には、小売りや外食など身近な会社が多く、「株主優待が集中する3月より、2月のほうがお得感が高い」(証券関係者)という。

 ランチに使えそうな外食店も目白押しだ。「長崎ちゃんぽん」で知られるリンガーハット、牛丼チェーンの吉野家、ほか弁の「ほっともっと」や、定食「やよい軒」を展開するプレナス、ラーメン「日高屋」のハイデイ日高など“ビジネスマン御用達”が目立っている(別表参照)。

「12日は一時、日経平均が2カ月ぶりに1万8000円台を回復しました。ギリシャ危機やウクライナ問題など悪材料もあるので、この先、上げ下げはあるでしょうが、3月末には1万8500円まで上昇する可能性があります。2月中に株主優待が確定する銘柄を仕込んでおいて損はないと思います」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る