2月は“生活防衛”関連目白押し お得な「株主優待」23銘柄

公開日:  更新日:

 2月はサラリーマンの生活防衛に役立つ株主優待がテンコ盛りだ。2月決算を採用している企業には、小売りや外食など身近な会社が多く、「株主優待が集中する3月より、2月のほうがお得感が高い」(証券関係者)という。

 ランチに使えそうな外食店も目白押しだ。「長崎ちゃんぽん」で知られるリンガーハット、牛丼チェーンの吉野家、ほか弁の「ほっともっと」や、定食「やよい軒」を展開するプレナス、ラーメン「日高屋」のハイデイ日高など“ビジネスマン御用達”が目立っている(別表参照)。

「12日は一時、日経平均が2カ月ぶりに1万8000円台を回復しました。ギリシャ危機やウクライナ問題など悪材料もあるので、この先、上げ下げはあるでしょうが、3月末には1万8500円まで上昇する可能性があります。2月中に株主優待が確定する銘柄を仕込んでおいて損はないと思います」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る