日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

痛みやつらさを医療者に上手に伝えるための「5W1H」

 先日、日本緩和医療学会が公開講座「緩和ケアを誤解していませんか?~痛みやつらさが医療者に伝わるために~」を開催した。募集人数400人のところ650人を超える応募があった。専門家たちが語った内容は、患者やその家族の“思い込み”を正すものばかり。知っておきたいポイントを2週にわたり紹介しよう。

 昨年11月の内閣府の調査では、がん医療における緩和ケアを開始すべき時期を「がんの治療が始まった時から」と答えた人が21.8%、「がんが治る見込みがなくなった時から」と答えた人が13.9%。実は、これは間違った思い込みだ。

 緩和ケアは、病気に伴う痛みを和らげること。

「全ての患者が、がんと診断された時から、医療機関や診療科を問わず、また、入院、外来、在宅など診断の場を問わず、体の痛みだけではなく、精神的なものも含めてトータルで受けられるのが緩和ケアです。早期から専門的なチームが加わることで、患者の生命予後が改善し、苦痛緩和が得られることは、海外でも日本でも明らかになっています」(厚労省がん対策健康増進課・濱卓至氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事