日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

認知症リスク低下の効果も "歩幅80センチ"で人生が変わる

「スマホの見過ぎが原因で、猫背の日本人が増えています。正しい姿勢を保つためには、力を抜いて立っていることが大事です。それには歩幅を広げることで、正しい姿勢を保つために必要な筋肉が付きます。少なくとも歩幅80センチ。いつもよりプラス10センチ、歩幅を大きくとって歩きましょう。見た目の印象も健康状態もガラリと変わりますよ」

 こう言うのは、年間1万人に歩き方を指導している「1.2.3秒 インプリセットエクササイズ」の著者で、ボディークリエーターの今村大祐氏だ。

 普段、通勤時に歩くとき、自分の歩幅が何センチくらいか知っている人は少ない。厚労省がウオーキングの試算に用いる平均歩幅は70センチ。しかし街を見渡すと、それよりももっと短い歩幅で会社に急ぐサラリーマンが多いという。

 今村大祐氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の健康記事