日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

医師選びは目的を押さえて 「後悔しないがん治療」3つの要点

 だれもが「納得のいく適切ながん治療」を受けたいと思っている。知っておくべきことは何か?

「『抗がん剤は効かない』の罪」などの著書がある日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科・勝俣範之教授に聞いた。

■治療目的

 早期がんと進行・再発がんでは「治療」の目的が変わってくる。これを、まず押さえなくてはならない。

「早期がんは、再発を減らし、治癒を目指すのが目的。一方、進行・再発がんは、がんとよりよい共存を目指すのが目的です」

 進行・再発がんは、残念ながら治癒が難しいのは事実だ。しかし、たとえば「がんとよりよい共存を目指す」段階の転移性大腸がんでも、「8割が化学療法で治癒すると誤解している」という報告もある。

「進行・再発がんの患者さんが医師と終末期ケアの話し合いをしていないと、精神的苦痛が多く、最後の週に蘇生術など積極的治療が行われる傾向があり、QOL(生活の質)が低くなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事