日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏の肌の“かゆみトラブル” 「あせも」じゃなくて「汗あれ」疑え

「初夏から夏は汗によるかゆみを訴える患者さんが増加します。今年は暑いので、汗トラブルの患者さんが例年より早く増えているようです」と話すのは、「よしき皮膚科クリニック銀座」の吉木伸子院長。それを裏付けるかのように、あせも予防薬市場の4月の店頭販売状況は前年比155%以上だという。

「ユースキン」の調査によると、「夏の汗による肌トラブル」を実感している人は4割。男性は首回り、背中、お腹回りなどにトラブルを抱えている人が多かった。

 ワンピースやノースリーブ、生足&サンダルといった“風を通す服装”をしやすい女性に対し、男性の多くは夏でもネクタイを締め、スーツを着用しなければならない。汗をかきやすく、トラブルにも見舞われやすい。

「汗によるかゆみを訴える患者さんの多くは、“あせも”と自己判断されていますが、実際に診察してみると、汗による肌あれ、いわゆる“汗あれ”を起こしていることが結構あります。適切な対策を講じなかったために、かきすぎてひどい状態になって来院される方もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事