日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大ブームの「ジャーサラダ」 野菜の栄養減や食中毒に要注意

 さまざまな生野菜をカットして瓶に詰めドレッシングなどを加える“ジャーサラダ”。野菜不足解消になる上、“冷蔵庫で数日保存できる”などのうたい文句で、最近、大ブームになっているが……。

「カットした生野菜はその場ですぐ食べるのが原則。時間が経つとビタミンやミネラルが失われてしまい、野菜本来の栄養素を取ることはできません」(伊達友美氏)

 そもそも、“数日保存できる”というのも間違いだ。むしろ食中毒の危険は高まるという。

「酸化防止剤やpH調整剤が使われているコンビニのカット野菜ですら、冷蔵庫で保存できるのは1日程度。家庭で切った野菜が何日ももつはずがありません。雑菌が繁殖しないくらい大量の酢や塩を入れれば別ですが、そうなると、もはやサラダではなく漬物ですね」

 そもそも生野菜を多く食べなければならないというのも、単なる思い込みだとか。

「日本人とは民族が違うとはいえ、イヌイットなどは一生のうちにほとんど野菜を食べません。体が必要としていないなら無理に食べなくても、健康に生きていけますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事