日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“やりすぎないこと”が大事 「エアロビ」は心拍数と強度に注意

 音楽に合わせて飽きずに楽しく痩せられる。そんな魅力にとりつかれると、ひどい目に遭うことも。

「エアロビクスのクラス中や直後に救急車で運ばれ、亡くなる。よくあることです。どのスタジオでも毎年。腰痛など故障を抱えたエアロビのインストラクターも多いですね。私のように自分の体を治すためにヨガを受講し、ヨガ講師に転向する人が多いです」(ヨガ講師)

 良かれと思って通っているのになぜ……。

 前出の南湖舞紀氏は、「いわゆるランナーズハイの状態が、大きな“達成感”になっているのではないでしょうか」と指摘する。

 心拍が上がりハイになることが快感で、エアロビクスのやりすぎ、ある意味、中毒症状になる。結果、変形性膝関節症など膝の障害を誘引する。また、水も飲まず、休憩をとらずに激しい運動を続けても気づかないと、血液がドロドロ、梗塞を起こすことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事