日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

認識誤れば突然死も…知らないと怖い「狭心症」5つの勘違い

 心筋梗塞を起こして突然死の可能性もある狭心症。しっかりした対策を講じたいが、間違った認識が横行しているという。東邦大学医療センター大橋病院循環器内科・中村正人教授に聞いた。

(1)【狭心症でないから問題なし】

 コレステロールなどが冠動脈に蓄積してプラークができ、血液の通り道が狭くなるのが動脈硬化。加齢で動脈が老化し、弾力性が失われるのも問題になる。狭心症の原因は、この動脈硬化。一般的に、動いた時に胸の圧迫感や痛み、息苦しさなどが生じる。

「血管が75%以上に狭窄しないと、狭心症の症状は表れません。心筋梗塞は突然発症を特徴とする疾患ですが、狭心症を発症直前に自覚するケースが少なくありません。このため、狭心症の自覚症状があった早朝には、心筋梗塞をいつ起こしてもおかしくないと考えるべきです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事