日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ビールで水分補給は? 世間に溢れる「熱中症対策」の○と×

 熱中症を甘く見てはいけない。ここ数年の死者数は500人前後、20年前の7倍だ。高齢者が倒れるイメージが強いが、環境省は「野外で働く人も気をつけて」と注意を呼び掛けている。特に外回りの営業マン、建築現場作業員は正しい知識が必要。熱中症予防の正誤を調べてみた。

(1)塩分の入った水を飲むのが望ましい

「かく汗の量にもよりますが、仕事で外回りしている程度の人に塩分は必要ありません」(環境省環境安全課・担当者)

 塩分入り飲料や飴もあるが、かえって高血圧など害が出る可能性がある。日本人の平均塩分摂取量は1日11.1グラム(男性)で、すでに世界基準の5グラムを大幅に上回っている。屋外でサッカーをする場合などを除き、スポーツ飲料等は必要ない。(×)

(2)ビールでの水分補給はダメ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事