日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

使いすぎは禁物…食器洗浄機と温水洗浄便座が病気を呼ぶ

 清潔志向が強まる日本では、便利で衛生的な食器洗浄機や、キレイになったと実感できる温水洗浄便座が当たり前になっている。しかし、だからといって使いすぎると、しっぺ返しを食いかねない。

「食洗機を使っている家庭の子供は、アレルギー発症リスクが2倍になる」――。スウェーデンの研究グループがそんな報告を発表している。

 7~8歳の子供1029人を対象に、喘息、湿疹、季節性鼻炎、結膜炎などのアレルギー調査を実施。食器を手洗いしている家庭(全体の12%)の子供は、食洗機を使っている家庭の子供に比べてアレルギーを発症するリスクが約半分であることがわかった。研究者は「食器を手で洗う方が食洗機よりも細菌を減らす効果は低い。手洗いが微生物への暴露を増やし、それが免疫系を発達させてアレルギーを減らす」と予測している。

 家電メーカーの調査によると、全国の食器洗浄機の普及率は28.4%。手洗いでは使えない強力な洗剤や高温で洗うことができるため高い除菌効果があり、便利さと相まって広まっているが、その除菌力が逆効果になりかねないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事