• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カセット復活の兆し 今やアナログは「ニューメディア」だ

「まだ作ってたの?」と思った人もいるだろう――。ソニーが磁気テープの「ベータビデオカセット」の出荷を来年3月に終了すると発表した。1975年の発売開始から41年で姿を消すことになる。

 ベータと聞いて思い出すのが日本ビクター(現JVCケンウッド)などVHS陣営との規格競争だ。ベータの出荷数は84年がピークで年間約5000万巻だったが、ソニーは規格競争に敗れ、02年にベータのVTR機器の生産を終了。その後はテープのみの生産を続け、今年度の出荷予測数は400巻まで落ち込んでいる。

「ベータユーザーのために宮城県の多賀城と豊里の工場でテープの生産を続けてきましたが、需要が少しずつ減少。11年のアナログ放送終了後はデジタル番組を録画できないため特に右肩下がりになりました。現在は直販で120分2本セットを1560円から販売しています」(ソニー広報・CSR部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る