日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NTT Comラグビー部コーチ 栗原徹さん(37)喘息

「喘息が理由でラグビーをやめようと思ったことはない」と語る(C)日刊ゲンダイ

検査で即入院レベルも「5日間、点滴だけでしのぎました」

 いままでで体調が一番危なかったのは、実は去年でした。コーチになって初めての夏、1カ月間近く37.5度ぐらいの微熱がずっと続いていたのに、そのまま2週間の夏合宿に突入。合宿を終えて帰ってきたら40度の高熱が出て、喘息の発作もひどく、お世話になっている病院で精密検査を受けたんです。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事