日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

余命3カ月の元米大統領救った悪性脳腫瘍の最新治療法とは

 俳優の松方弘樹(73)が脳腫瘍(脳リンパ腫)と聞いて、ショックを受けた人も多いのではないか。脳腫瘍は一般的に「治りにくい深刻な病気」というイメージがあるから無理もない。しかし、最近は新たな免疫療法と放射線による治療で、悪性脳腫瘍が劇的に治るケースが報告されている。

 悪性脳腫瘍患者の希望の星といえば、昨年末、自身の脳腫瘍が完治したと発表したジミー・カーター元米大統領(91)だろう。昨年、肝臓がんが見つかり手術を受けたが、8月には脳内4カ所に悪性脳腫瘍が見つかった。ところが、昨年末に受けたMRI(磁気共鳴画像装置)検査では、脳内の腫瘍はすべて消えたという。最新のがん治療に詳しい千葉ポートメディカルクリニック(千葉市美浜区)の今村貴樹院長が言う。

「カーター氏を救ったのは、コンピューターを用いて正常な脳組織を傷つけずに放射線を正確に腫瘍に照射する『定位放射線療法』と、抗PD-1抗体による『新たな免疫療法』といわれています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事