不動産のプロがこっそり教える狙い目エリアと物件傾向

公開日: 更新日:

 黒田日銀のマイナス金利政策で再び不動産業界がにぎわい始めているが、高値づかみだけは絶対に避けたい。どんな物件を狙えばいいのか。その道のプロに聞いた。

 不動産業界歴30年、同業者である中小の不動産業者に“勝つための不動産情報”などを提供している「アプリ小室事務所」の小室議右さん。

「あまり教えたくないんだけど……」とこっそり耳打ちされたのは「代々木」。今、再開発が行われている新宿駅南口周辺だ。点在する高速バスの発着所を集約、タクシー乗降場と歩行者広場を整備し、間もなく新南口には売り場面積7600平方メートルになる巨大新商業施設が完成する。

「これにより、代々木は新宿から徒歩圏内となります。近い将来、飛躍的に発展するでしょう。狙い目は代々木駅の東口エリア。土地の坪単価はブランド力で高騰した北参道の半分ほどですが、数年後には大幅に値が上がると考えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  7. 7

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  10. 10

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る