日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オプジーボ投与による治療で腫瘍マーカーが25分の1にダウン

(C)日刊ゲンダイ

 今年に入り、栃木県内で歯科医院を営む60代のAさんは、「小細胞肺がん」治療のため、新たな免疫療法剤である「オプジーボ」投与による2回目の治療をスタートした。

 初回の治療では、肺の病変は投与開始から3カ月の間にみるみる小さくなり、肺がんの腫瘍マーカ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事