日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

医師もほとんど知らない「がん最先端放射線治療」の実力

 がんの放射線治療は近年進化しているが、日本では医師の間でさえその有効性が十分に知られていないという。「『やみくも抗がん剤』にNo! 再発・転移がんと闘う方法」(講談社)の著者で「東京放射線クリニック」の柏原賢一院長に、これからの最先端放射線治療について聞いた。

【増感剤で治療効果をアップ】

 増感剤を使って放射線治療の効果を上げる方法だ。

「放射線治療の感受性が20%ほど上がると言われています」

 放射線治療には、がん細胞に対する「直接作用」と、がん細胞の周囲にある水分と反応して発生した生成物ががん細胞に障害を及ぼす「間接作用」がある。直接作用が3分の1、間接作用が3分の2ほどの割合だ。

「ところが、がんは大きくなると抗酸化酵素を作りだし、放射線の間接作用を不十分にします。つまり、放射線治療の3分の2を占める作用が無効になり、放射線治療の3分の1の力しか作用しなくなるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事