日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1型糖尿病や間質性肺炎などの重大な副作用も

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「千葉ポートメディカルクリニック」(千葉市)の今村貴樹院長は、この1年間で65人のがん患者自らが個人輸入した「オプジーボ」などの免疫チェックポイント阻害剤を使用した。

 その結果、「患者の年齢は30~78歳。肺、胃、大腸、腎臓など、あらゆる進行がん種…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事