日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「免疫療法」で根治可能に アレルギー性鼻炎の最新治療

 通年性アレルギー性鼻炎の9割はダニに反応してアレルギー症状が出る。これまで対症療法しかなかったが、昨年、根治が可能な治療が登場した。千葉大学医学部付属病院耳鼻咽喉・頭頚部外科の岡本美孝科長に聞いた。

■「アレルゲン免疫療法」で反応を抑える

 アレルギー性鼻炎には、一年中症状がある「通年性」と、一時期だけの「季節性」がある。後者はほとんどが花粉症によるものだ。

 通年性の治療はこれまで、(1)アレルギーの原因物質アレルゲンを吸い込まない(2)薬物治療──の2つだった。

 (1)は、ダニが原因の9割を占めることから、ダニが室内で繁殖したり、死骸や糞が残らないように毎日丁寧に掃除をし、カーペットや絨毯などを避け、布団など寝具も頻繁に洗ったり干したりする。ただ、治療の基本とはいえ、これを完璧に行うのは難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事