日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タレント生稲晃子さん 焦りと恐怖が高まったがんの再々発

生稲晃子さん(C)日刊ゲンダイ

 ここ5年の間に、組織検査のための部分切除も含め、5回も手術を受けました。右胸の全摘出はさすがにショックでしたけど、さらに強烈だったのは乳房再建のために皮膚を伸ばす際の痛みでした。もう、再建を後悔したくらい。でも、今はやってよかったと思っていますよ、小さいながらも(笑い)。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事