日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

X線検査に“非効率”の声も 胃内視鏡検査が普及しないワケ

病院側にとってどちらが都合がいいか(C)日刊ゲンダイ

都内の50代勤務医

 厚労省は市区町村が実施している「胃がん検診指針」を今年4月に改訂し、患者さんは新たに内視鏡検査も選択できるようになりました。

 これまでは、バリウムを飲んだ後に行う胃のX線検査だけでした。患者さんは、水に溶けると炭酸ガスを発生する発泡剤を飲んで胃を…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事