日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

筋力低下は早死を招く 中高年はダイエットより“握力強化”

 健康診断をキッカケに「ダイエット」を決意した中高年も多いのではないか。しかし、中高年の安易なダイエットは知らず知らずのうちに全身の筋肉量の減少を招き、新たな病気やケガを呼び込むことになりかねない。ならば、定期的な握力計測で筋力をチェックしてはどうか。

 商社に勤める中村義男さん(仮名、55歳)は健康診断で、医師からダイエットするよう、強く勧められた。体重が105キロとわずか3年余りで10キロも増えたからだ。

「過去1~2カ月の血糖値の平均を表すヘモグロビンA1cも6.5%を超え、超音波検査で肝臓にびっしり脂肪がついているのを確認しました。医師からは“死ぬ気ですか”と脅されました」(中村さん)

 運動嫌いな中村さんはすぐに、糖質制限や食事回数を減らす過激ダイエットを思い立った。しかし、栄養・生活指導の看護師から「中高年が食事制限に頼る過激なダイエットをすると、筋力減少に拍車がかかり、健康を損なう危険があります。それを避けるため、ダイエットと並行して定期的に握力を測ってはどうですか」とアドバイスされたという。どういうことか? サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事