日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

専門家が推奨 認知症は1日10分の「昭和歌謡」で予防する

 いったん認知症になってしまえば“完治”するのは難しい。だから、未然に防ぐこと、症状を和らげることを考えたい。和合教授は、25年にわたり、予防法としての“音楽療法”を研究、提唱してきた。

「認知症リスクを減らすには、生活習慣の改善、ストレスを減らすなど方法はありますが、定期的な運動や食事制限など、続かないサラリーマンは多いでしょう。音楽療法なら、脳に効く音楽を1日10分聴くだけでいい」

 通勤時にスマホで聴けるのだからラクチンだ。

 日本の認知症患者は予備群を含め800万人を超える。さらに9年後には、団塊世代が後期高齢者になるため、認知症による要介護者が増えるとされている。

 しかし、高齢者だけの問題ではなく、誰でも35歳を過ぎると認知症のリスクが出てくるという。早ければ働き盛りの40代、50代で発症するから、他人事ではない。「認知症にならないためのCDブック」の著者で、埼玉医科大学の和合治久教授が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事