日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

背が縮むと死期早く 「50歳以上で2cm以上が危険」の根拠

 背が縮んだら死期が早まる─―。「高齢になって身長が2センチ以上縮むと、死亡率が約2倍アップする」という産業医科大学の調査結果がある。骨粗鬆症学会役員で虎の門病院内分泌センター部長を務める竹内靖博医師と、循環器専門医で「井上医院」(水戸市)院長の井上幸一氏に、それぞれ詳しく聞いた。

 背が縮む原因は、大きく2つある。どちらも「背骨の異変」からくるものだ。そのまま放置すれば、体の衰弱を招き、最終的には死期を早めることになるという。

 1つ目は、背骨の湾曲が進んで姿勢が悪化するケースだ。

「加齢によって、骨や筋肉、関節の機能が低下すると体を支えることが難しくなり、背骨の湾曲が進みます。すると筋肉の萎縮が進んで、動くだけで疲労を感じ、動く意欲を失って、さらに筋肉が萎縮する。その悪循環の結果、体の新陳代謝は低下して内臓の代謝も落ち、食欲不振、栄養不足になってしまいます。体は急速に衰弱して免疫力や抵抗力も下がり、健康体ではかからないような病気になる場合もある。中でも、高齢者の死因第1位の肺炎になってしまう人が多い」(井上院長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事