日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【周産期医療】聖母病院・産婦人科(東京都新宿区)

聖母病院・産婦人科の樋口泰彦部長(左)/(C)日刊ゲンダイ

 産婦人科医療は、「生殖」「周産期」「腫瘍」「女性のヘルスケア」の4本柱からなる。同科が最も力を入れているのが「周産期」だ。

 1931(昭和6)年の病院創設の翌年に同科が開設されて以来、これまで13万人以上の赤ちゃんが誕生している。少子化のいまでも…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事