日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「非O型」と「O型」で血液凝固因子の濃度が違う

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 非O型(A型・B型・AB型の総称)が、O型よりも深部静脈血栓症やエコノミークラス症候群になりやすいことが、世界中で続々と報告されています。リスク差は「1.5倍から3倍」とされています。非O型は、O型と比べて、それだけ血栓ができやすいのです。

 血液…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事