日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小林麻央“深刻がん”は人ごとではない 妻の病気こう見抜く

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(33)の乳がんを知り、「女房が大病したらどうしよう」と不安を覚えた人もいるだろう。

 妻が会社員の場合は職場で定期健診を受ける機会があるが、専業主婦やパート労働の主婦には健診を受けない人が多い。東京都の場合、子宮がん検診の受診率は39.8%、乳がん検診は39%と、女性の4割しか受けていないのだ。妻に元気でいてもらうには健康を気づかうよう、夫がアドバイスしなければならない。

「がんは症状が出たらかなり進んでいる証拠。すぐに医師の診断を受けさせるべきです」とは医学博士の左門新氏だ。

「乳がんについては『自己検診』といって、女性が鏡で乳房を見て左右の形に違いがないか、くぼみで輪郭が歪んでいないかチェックすることが推奨されています。便が細くなるのは直腸がん、空腹時に胃が痛くなるのは胃潰瘍を疑ってください。一日に5回以上トイレに行き、便に白い粘液と血が混じっていたら潰瘍性大腸炎のおそれがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事