日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

140でも要注意 悪玉コレステロールの数値リスクと治療法

 LDL(悪玉)コレステロールが180mg/dl以上なら、すぐに病院へ行かなくてはならない――。こう言うのは昭和大学医学部糖尿病・代謝・内分泌内科学部門の平野勉教授だ。

 LDLコレステロールは「140以上」が高コレステロール血症で、健診などで判明すると再検査を言い渡される。

 しかし極端な話、①心筋梗塞や狭心症を一度も起こしたことがない②糖尿病をはじめ生活習慣病がひとつもない③喫煙習慣や肥満がない④中性脂肪が基準値以内──のすべてに該当するなら、140を超えたくらいでは、さほど深刻な状況ではない。

「食生活の改善などで、数値は基準値内に下がるかもしれません」

 しかし「爆弾を抱えているような危機的状況」なのが、LDLコレステロール180以上。心筋梗塞、狭心症の冠動脈(心臓の動脈)疾患の発症リスクが極めて高い。冒頭の①~④や年齢にもよるが、食事や運動で数値は下がりづらく、それらによる改善を待っている段階でもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事