日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【顔面けいれん・三叉神経痛】厚生中央病院・脳神経外科(東京都目黒区)

厚生中央病院・脳神経外科の田草川豊部長(提供写真)

 顔の片側が自分の意思とは関係なく、ピクピク動いてひきつれる「顔面けいれん」。顔の一部(おでこ、ほお、顎)に発作性の激痛が走る「三叉神経痛」。それぞれの脳神経に血管(動脈)が当たって起こる病気だ。

 これらの治療には、保存的治療(対症療法)と外科治療…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事