日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

市販薬か要治療か? あなたの「頭痛」見極めのポイント

 日本の頭痛患者は4000万人といわれている。経済的損失も大きく、「年間3000億円」と試算する報告もある。適切な頭痛対策で押さえておくべきことは何か?

 指南してくれたのは、日本頭痛協会名誉代表理事で、40年以上頭痛患者を診ている「間中病院」(神奈川県小田原市)の間中信也院長。慢性的な頭痛の対策で最も重要なのは、「我慢しないこと」と指摘する。

「耐え難い状態になる前に薬を飲む。痛みがひどくなってからでは、薬も効きにくい」

 慢性頭痛には、市販薬でOKなものと、専門医の治療が必要なものがある。それを見極める方法は、「頭痛薬が必要になる回数」だという。

「市販の頭痛薬の使用は月10回、月10日(1日に何回か服用する場合でも月10日以内)までであれば問題ありません。これを超えるなら、頭痛の専門医を受診してください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事