日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
久保田佳代
著者のコラム一覧
久保田佳代「氣生薬局」代表

父は乳児院院長、母は薬剤師、長女は歯科医、次女は眼科専門医という医療一家に産まれたが、昨今の臓器医療である西洋医学とは違い、人に向き合い、カラダとココロの両面から治療が行える漢方を志し20余年経つ。昭和薬科大学卒業、老舗漢方薬局を経て、「氣生薬局」開局。サプリメントアドバイザー、漢方茶マイスター、日本プロカウンセリング協会1級など多数資格取得。「不妊症改善における実力薬局100選」に選ばれている。

痔の原因は肺の不調? 漢方医学が提唱する「表裏の概念」

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「やっぱり漢方の方がいいですよね」とおっしゃる方がいます。しかし私は、西洋医学にも東洋医学(漢方)にもそれぞれの「強み」があり、使い分けをすべきと考えています。また、「漢方は副作用なし」と考えている方もいますが、漢方も「薬」ですから、使い方を間違えれば副作用が生じます。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事